教育制度

資格等級毎に必要なスキルを定めており、必要なスキルに応じた教育訓練を定めて実施しております。

階層別教育

当社の教育制度は、階層別教育(新入社員教育を含む)、専門教育の2種類に分類されます。

新人研修

社会人としてのビジネスマナーを学び、専門知識・スキルを再確認、自信を持って仕事に取組む基本姿勢を学びます。

・自己学習・社内勉強会

係長研修

中間管理職としての役割を認識し、目標管理の概要と管理に必要なチームマネジメント実践能力を習得します。自己の役割認識を深めチームの調整・上司としてのサポート及び問題解決のリーダーシップのあり方を身につけます。

・自己学習・社内勉強会

管理職研修

経営幹部としての認識を深め、組織のリーダーとしての実践力の更なる向上を図ります。事業運営にも関わり、会社の発展に貢献します。

・自己学習・社内勉強会・外部研修

専門教育

業務遂行上専門知識が必要となる場合があります。その際、必要な専門教育を実施しております。

公害防止管理者

大気汚染、水質汚濁、騒音、振動等の公害を防止するために必要な技術的事項を管理する者のことで、国家資格となります。製造業等の工場の運転、維持、管理、燃料、原材料の検査等を行う役割を担います。

衛生管理者

職場の衛生・安全意識を高め、快適な職場環境を整備する国家資格で、常時50人以上の従業員が従事している事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

金属ばね製造技能士

国家資格である技能検定制度の一種で金属ばね製造に関する知識を学びます。線ばね製造作業や薄板ばね製造作業ともに1級・2級があり、ばね加工の専門性を磨きます。

金属熱処理技能士

国家資格である技能検定制度の一種で金属熱処理に関する知識を学びます。更なる専門性を高め、多様な受注にも対応できる技術が磨かれます。

金属プレス加工技能士

国家資格である技能検定制度の一種で金型を通じて金属板に強い圧力をかけることで、せん断、曲げ、成形、絞りなどを行う成形技術を習得します。

  • 募集要項/福利厚生
  • 先輩社員の声
  • 採用に関するFAQ
PageTop