IMS(総合マネジメントシステム)

当社は、金属ばね製品,ベアリング部品及びこれらに関連する金属部品の設計・開発及び製造を登録活動範囲とするISO9001を2000年1月にISO14001を2004年7月に、それぞれ認証取得しております。

また、2つのマネジメントシステムを、1つの統合したマネジメントシステムとして構築しており、その統合マネジメントシステム(IMS:Integrated Management System)は、審査機関である日本品質保証機構(JQA)からも有効性を認められております。

当社では、自動車,建設機械,電気製品等あらゆる分野に使用される金属部品を製造しており、徹底した品質管理を実施しております。また、兵庫県篠山市ならびに滋賀県甲賀市に工場を設置しており、地球環境や地域社会との共存を目指し、最新の排水処理施設を整備するなど、環境への影響に配慮した事業運営を行っております。

統合マネジメントシステムを運営することは、経営と品質及び環境マネジメントシステムが一体化されている証明であり、マネジメントシステム全体の整合と効率化によるパフォーマン向上が図れます。また、意思決定のスピードアップと組織体制(ガバナンス)強化にもつながっております。

IMS基本方針

当社は、お客様の信頼と満足を得るため「お客様の期待とニーズに応えた製品とサービス」を提供するとともに、よりよい地球環境を目指した環境に優しい事業活動で社会に貢献します。そのため「統合マネジメントシステム(Integrated Management System)」を構築・運用し、事業面の課題と品質面及び環境面の課題を整合して解決します。

IMS行動指針

  1. お客様の要求事項及び統合マネジメントシステムの要求事項への適合性を確実にし、継続的な改善に全社一丸となって取り組み、業務の質を向上させることにより、オンリーワン企業を目指します。
  2. 事業活動においては、環境影響を常に認識し継続的な改善に取り組み、省エネ・省資源・廃棄物削減などの汚染の予防に努めます。
  3. 関連する法規制を順守します。また、当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  4. IMS基本方針達成のため、品質/環境目的,目標を設定し、全従業員及び常駐する要員全てにより推進します。
    又、目的,目標は定期的に見直し、必要に応じ改訂します。
  5. 品質・環境教育並びに朝礼や統合マネジメントシステムカードなどを通じて全従業員及び常駐する要員が、IMS基本方針を理解し、品質と環境保全意識の向上を図ります。
  6. IMS基本方針及び IMS行動指針は、一般の人々が入手できるよう当社のホームページにて公開し、地域社会とのコミュニケーションを図ります。
  7. IMS基本方針及び IMS行動指針は、適切性を持続するため、マネジメントレビューで見直しを行います。
  8. 全従業員が安全の重要性を認識し、安全最優先の考え方や行動がいつでも自然に出来る環境を構築します。

制定:2013年11月21日
代表取締役社長
濱中 豊

PageTop